「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

刺し子教室

c0008801_17463472.jpg
刺し子とは、貴重だった麻や綿布を破れないように繕うところから始まりました。また補強され強くなった布をまとえば防寒にもなります。

嫁ぐ娘のために母親がふきんに想いをこめて模様を入れたり、刺し子の模様は代々女性たちの手を介し、素晴らしいものに変化していきました。

じっくり時間をかけてできたらと思います。
(2回で仕上げます)

生活の知恵から生まれた刺し子を、もっと気楽に、あれやこれやと柄を自分なりにイメージしてみたり。
堅苦しくない入口で、ちくちくと刺し込みましょう。

道具はお貸ししますので手ブラでも大丈夫です。使い慣れたものがあればお持ち下さい。

今回は、あの! 奈良の「白雪ふきん」さんのご協力で、「白雪ふきん」に刺し子をします。少しゆるい線に仕上がり、柔らかくて刺しやすいです。楽しみながらできると思います。


profile
東京芸術大学油絵科卒

カワイ楽器入社後、絵画造形部門の講師として大阪府内の幼稚園で指導を行っていました。

退社後は個人で、関西を中心にこども向けのワークショップや教室、また自らの創作活動である刺し子の展示やワークショップなどを行っています。


●講師 平山 路子
●開講 5/19(土)・6/16(土)13:30〜(180分)
●最低開講人数・定員2人〜6人
●受講料¥3,500(5/19)
¥3,000(6/16)
※材料費込



[PR]
by flct | 2012-06-11 15:28 | 教室 | Comments(0)
<< 遅ればせながら、ルーニィさんの... 必見!三十三間堂プロジェクト@... >>