ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

国吉康雄を知っていますか?-ディスカッション型のアートの鑑賞法と国吉の絵画-

c0008801_2035952.jpg
国吉康雄って、画家を知ってますか?国吉ファンとしては、非常に残念なのですが、ほとんどの方は知らない。でも、知らないのをいいことに、国吉の見方を、みんなで考えてしまいませんか?という、ワークシッョプを行いたいと思います。
見方を決めつけない、ディスカッション型のアートの鑑賞法と国吉の生きた時代、行動を検証し、国吉の絵画の本当の姿を暴きだします。このワークショップが終わった後、きっと世の中のアートと呼ばれるものだけではなく、世界の見方も変わるかも?
国吉康雄について〜国吉康雄は、明治期の岡山に生まれ、17歳で単身アメリカに渡ったのち絵の才能に目覚め、二度の世界大戦をアメリカで過ごし、太平洋戦争中は敵性外国人と言われながらも、ベネチア・ビエンナーレのアメリカ代表になるなど、 20世紀前半のアメリカを代表する画家となります。
その生涯を通じて変化し続けていった作品群は、国吉が時代や社会情勢に流されることなく、自らがどう生きるかを真摯に考え続けていたことを示しています。
才士真司プロフィール〜大阪芸術大学を卒業後、映画美学校に入学。岩井俊二監督作品『リリィ・シュシュのすべて』に参加。以降、映画製作に携わるようになり、青山真治、塩田明彦、清水崇らの監督作に参加。「20世紀少年3部作」、「わが母の記」、押井守監督作品でキャスティングを担当。
藤原新也原作の「渋谷」のプロデュースの他、脚本・プロデュース作品「君へ。」、監督・脚本の「Abed」などがある。他、ラジオ番組MC、講演活動、大学、専門学校講師、イベントのオーガナイザーなども行っている。
才士の行っている映像俳優ワークショップは、多数の若手俳優を仮面ライダーや劇映画の主演などに排出している。映画以外の活動では、2013年、直島で開催された国吉康雄展で展示演出などを手がける。また、岡山市製作の国吉康雄プロモーションドラマを準備中。

◯講師 才士 真司 
◯開講 10/25(金)19:30〜(120分)
◯最低開講人数 4人〜
◯受講料 ¥2,000(1回)

[PR]
by flct | 2013-10-21 20:03 | 教室 | Comments(0)
<< Olaから始めるポルトガル語(... 津田征治写真展「斑鳩IKARU... >>