ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

カテゴリ:教室( 673 )

秋の蒜山・おとなの日帰り遠足 9/2

c0008801_16063035.jpg
【秋の蒜山・おとなの日帰り遠足

-初めての渓流魚釣りとアウトドアごはんを楽しむ1日-

引率
柴田 加奈

開講
9/2(土)10:00~15:00

最低催行人数
8人~(定員12名)

受講料
\6,800
*体験料、昼食、保険料込
子供料金あります。

「今さらアウトドアなんて~」な方向けのゆるい遠足。

でも、
魚釣りの仕掛けを手作りしたり
ちょっと渓流釣りのコツを知ったり
内臓の処理や
炭火の起こし方
上手な魚の焼き方を学んだり
蒜山の食材たっぷりの
アウトドアごはんを作ったり
その横で燻製も作ってみちゃったり
…等々

ちょっとした事が色々学べる
アウトドア超初心者向けの
おとなの日帰り遠足です。

秋のはじまりの一日を
蒜山の渓流沿いで過ごしませんか?


ノラカナ屋 柴田 加奈
美作市出身。米国で野生生物保護管理学を学び、国内外各地で活動後、
岡山県北の生物調査、里山保全、環境学習などに携わる。里山の自然を利用することで、里山の生き物と共存してゆく、ほどよい暮らし方を模索中。和ハーブインストラクター。

[PR]
by flct | 2017-08-16 16:07 | 教室 | Comments(0)

Koenbenchの珈琲教室 〜世界に一つだけのオリジナルブレンドを作ろう

c0008801_17023732.jpg

Koenbenchの珈琲教室

~世界に一つだけのオリジナルブレンドを作ろう


世界に一つだけのオリジナルブレンドを作成します。1種類の豆でも浅煎りと深煎りでは随分味と香りが異なります。焙煎の深さを変え、テイスティングを通じてまずはお好みの焙煎の深さを見つけていただきます。テイスティングしていただくシングルステートは10種類以上。ご相談しながらお好みの豆を組み合わせてオリジナルのブレンドを作ってみましょう。初めての方でも楽しくご参加いただけます。作成されたレシピで焼き上げたコーヒーは後日郵送でご自宅にお届けしますね、お楽しみに!(参加費に含まれています)


[講師profileRyusuke Ehara, Coffee Blender.立命館大学経済学部卒業後、経営コンサルティングファームを経て独立。コーヒー豆のブレンドの面白さに出会います。大手コーヒーチェーンのブレンドレシピを年間受注し製作したり、農園の苗木の選定に携わるなど、ブレンダーとしての活動を中心に行ってきました。現在はKoenbenchというブランド名で抽出温度3段階で味を整えるブレンドの作り方に取り組んでいます。

開講:20170901日(金)19:30~(120分)場所:Koenbench(岡山市北区番町二丁目1−17)※駐車場はございませんが近隣にコインパーキングが3箇所あります受講料:¥3,500(お土産付き)

持ってくるもの:筆記用具とスプーンを1本(普通のコーヒースプーンでOKです。)


お申し込みは、felicitenote@able.ocn.ne.jpまで

[PR]
by flct | 2017-08-06 16:57 | 教室 | Comments(0)

pieni学園祭2017

c0008801_17352634.jpg
今年もpieni..の学園祭。
一部の教室の発表会しました!
まずはバレエ。

c0008801_17355600.jpg
トイピアノ部
c0008801_17362271.jpg
マトリョミン教室。歴史が長くなりましたー。
c0008801_17364673.jpg
Chrisの歌教室。英語で、Dancing QueenとThe Rose。
練習期間は短かったけど、楽しかったですねー。
伴奏に特別ゲストのKaiくん。(高校生)
c0008801_17370363.jpg
Kaiくんもバンドやってるので、オリジナルソングを披露。
私の教え子でした!

この後は、恒例の持ち寄りパーティで、楽しい一夜を皆で過ごしましたとさチャンチャン。





[PR]
by flct | 2017-08-01 17:43 | 教室 | Comments(0)

よそ者人類学者の新岡山論 vol.2 ~「神と仏の岡山」の巻~

c0008801_16314382.jpg

前回も大人気だった教室。岡山の人が岡山を知る。大切ですね。

【よそ者人類学者の新岡山論 vol.2 ~「神と仏の岡山」の巻~】

桃太郎は岡山のシンボルではない? 岡山がジーンズで有名なのはなぜ? どうして岡山に全国で4番目に大きい古墳があるの? 岡山は災害が少ないってホント?

 いま岡山に移り住む人が増えています。よそから来た人にとって、岡山は、いまいちイメージのわかない地味な土地だったはずです。でも、暮らしはじめてみると、独特な雰囲気があるし、不思議とディープなものがたくさんある。岡山には、地元の人があまり気づいていない「おもしろさ」があふれています。それは、いったいなぜなのでしょうか?

今回は、アフリカや中東などを研究してきた文化人類学者が、この「地味だけどディープ」な岡山の素顔に迫ります。みんなで岡山の「謎」について語り合いましょう。

プロフィール 松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)

 1975年、熊本生まれ。大学入学から15年間を京都で過ごしたあと、5年ほど東京の大学で教壇にたつ。2015年4月に岡山大学文学部に着任。アフリカでは、おもにエチオピアザンビアで農村の調査を行い、中東の湾岸地域でもエチオピア人出稼ぎ女性の研究を行う
。おもな著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)など。最近は岡山や瀬戸内地域に興味がわいて、各地を歩き回る。ミシマ社のWeb雑誌『みんなのミシマガジン』で「セトウチを行く」を連載中

6/30(金)19:30〜1600円(お茶とお菓子付)


[PR]
by flct | 2017-06-25 16:32 | 教室 | Comments(0)

451BOOKSの「本を読む。考える。 19」6/29(木)

c0008801_14175811.jpg


451BOOKSの「本を読む。考える。 19」
「バナナのはなし」

バナナを初めて食べたのはいつなのか、記憶にない。
昔、高価な食べものでなかなか手に入れられなかったと聞いても、当たり前にあったバナナ。
バナナ味を認識したのは、LOOKチョコレートだったような気もするけど、どうだったんだろう。
今のバナナと違って、もっと甘くて美味しかったという話もあり、バナナ1本食べれば栄養満点とも。
そんなバナナを巡る風説から、絵本「バナナのはなし」をテキストに、歴史、科学的な話や、地理、経済まで、あらためてバナナについて考えます。

6/29(木)19:30〜
講師 451BOOKS 根木慶太郎
受講料 2000円
お申し込みはメッセージかfelicitenote@able.ocn.ne.jp




[PR]
by flct | 2017-06-16 14:18 | 教室 | Comments(0)

初夏の蒜山・おとなのお泊まり遠足 報告 vol.3

c0008801_17235861.jpg
あっという間に、1週間が過ぎてしまった。

遠い昔のよう。

2日目の朝は、早起きして、滝へ。山乗渓谷。滝は不動滝。

NHK大河ドラマ「武蔵」の撮影に使われたそうです。初めて知ったけど、奥へ奥へ進んでいくとなかなかすごいところ。

そうめん流しも有名なんだそうですよ。

c0008801_17293172.jpg
そして、野鳥観察したいところですが、なかなか野鳥は姿を現さず。

でもいろんな声が聞こえてきました。

ミソサザイ、ホウジロ、鶯、イカル、サシバ、ヒヨドリ、キジバト...私、ほとんどこれらの鳥の外見もわかりません。。。鳴き声もここまで耳をすまして聞くのも初めてかも。
かな先生が望遠鏡で、見せてくれました。

なんとー。鳥の合唱をじっと聞いているだけで、豊かな気持ちに。

c0008801_17341342.jpg


雲海もみれましたよ!!

c0008801_17345818.jpg
c0008801_17352160.jpg
宿に戻って、またこれでもかというくらいのたっぷり朝ごはん。

パンも美味しかったなー。

左側はカスタードクリームを挟んだパン。相性抜群の味でした。












[PR]
by flct | 2017-06-14 17:36 | 教室 | Comments(0)

自然療法でセルフケア-クレイテラピー編(ホワイトカオリン)6/24(土)

【教室紹介】自然療法でセルフケア-クレイテラピー編(ホワイトカオリン)

「クレイ」とは太古の昔からの地殻変動による圧力で岩石が変化してできたものです。動物が泥浴びをするのをヒントに、人間は「クレイ」(粘土)が療法として使えることに気づいたと言われています。病を治療するための療法としてだけでなく、「クレイ」はそのテクスチャーの心地よさから、美容面、精神面でも嬉しいことがたくさん。いにしえの知恵は現代でもなお私たちを素晴らしくサポートしてくれます。今回の講座の実習に使用するクレイは、作用がやさしく、導入としておすすめな、「ホワイトカオリン」というもの。磁器の白色の元となるものです。
クレイの世界を一緒に学び、体感しましょう。

講座内容
クレイのお話
クレイのお仕事、使用方法、実用例など。
それぞれのキャラクターをもつ5種類のクレイ
クレイテラピー実習
ホワイトカオリンの使い方
フェイスパックor ハンドパック

持ち物
フェイスタオル
フェイスパック後はお化粧が落ちます。

講師 : アロマテラピーHuile 中村奈納子
開講:6/24(土)15:00〜120分
受講料:3500円(材料費・お茶とお菓子付)
お申し込みは、felicitenote@able.ocn.ne.jp


[PR]
by flct | 2017-06-13 18:07 | 教室 | Comments(0)

初夏の蒜山・おとなのお泊まり遠足 報告 vol.2

c0008801_11352327.jpg

濃すぎて、vol.4くらいまでいきそうな、お泊まり遠足報告。

アクセサリーの後は、展望台へ。

遠くに大山も見えました。

c0008801_11375001.jpg

こちらは、蒜山の湧き水。

甘くて美味しい。

この水は、土へと入っていた水が、出てきていて、無菌状態のものらしい。

蒜山の水の美味しさに、移住してきてる人もたくさんいます。

それから、津黒高原荘のお風呂へ行きました!

c0008801_11422396.jpg

今日の最後のお楽しみ。

晩御飯のスタート。

かなさん曰く、たっぷり出てきますよ、とのこと。食べれるかなあ。。

c0008801_11434757.jpg
c0008801_11442916.jpg
c0008801_11451631.jpg

聞いた通り、たーっぷり。

しかも、野草が色々。オニグルミ、ガマズミ、オオバコ、イラクサ、スカシタゴボウ、イノコヅチ、藤の実...などなど。

でも草ばかり食べたという印象でもなく、美味しいお料理でした!

お酒もコブシの花をつけたワインや、ガマズミほか自然のものをシロップにしたものなど色々ありました。
c0008801_11481680.jpg

デザートは甘夏のシフォンケーキ。

c0008801_11492334.jpg

ごちそうさまでした!

楽しい夜は更けていく...














[PR]
by flct | 2017-06-08 11:49 | 教室 | Comments(0)

教室「わたし」をかたちにする 6/11〜

c0008801_15562714.jpg

こちらは今週日曜からスタート。まだ申し込みできます。

【「わたし」をかたちにする】
「わたし」ってどんな色だろう?
「わたし」ってどんなかたちだろう?
「わたし」を色やかたちで表現したら。。。
************
私たちは日々の暮らしの中で、常に目の前に起こることを自分で選択して生きています。
その積み重ねが「わたし」を創っています。
でも改めて「わたし」ってどんなの?と聞かれると、表現出来なかったり、自信がなかったり。。。
本来の「わたし」を生かして生きると、本当に自分であることが楽しいし、目の前のことを選びとることがワクワクできます。(ドキドキもするけれど。。。)
今回の3回の教室では、いろいろな角度から「わたし」を探って、「わたし」の要素を選んで、「わたし」をかたち(アクセサリー)にしてみます。
上手に、センスよく、可愛く、という視点はちょっと横においといて。
私が感じる「わたし」を、感じたままに正直に、かたちにしてみましょう。
きっと、どんなアクセサリーより、私を輝かせてくれると思うのです。
◎全3回
1回目 色で「わたし」を探ってみる
2回目 からだの動きから「わたし」を探ってみる
3回目 かたち(アクセサリー)で「わたし」を表現してみる
*写真はイメージです。同じものを作るわけではありません。


講師 hahaha 河本春美
開講 6/11(日)・6/25(日)・7/23(日)15:00〜
受講料 8400円(コース)/ 3000円(単発払い)
*3回受講が条件です。日程が難しい時はご相談してみてくださいね。
申し込み felicitenote@able.ocn.ne.jp またはこちらのメッセージで。


[PR]
by flct | 2017-06-07 15:57 | 教室 | Comments(0)

初夏の蒜山・おとなのお泊まり遠足 報告 vol.1

c0008801_18025291.jpg

初夏の蒜山・おとなのお泊まり遠足-森にひたすら癒される2日間-、快晴♪

6/3(土)に、現地に集合。

道中から、新緑にすでに癒されまくっていましたが、そのままどっぷり浸かる2日間となりました。

まずは、オリエンテーション的な。

c0008801_18052284.jpg
自己紹介と、

かな先生の作ってくれた、栞を開き、「遠足のめあて」を考えます。(学校っぽい)

c0008801_18070569.jpg
それから、アシタカさんにて、クロモジのハーブオイル抽出までの作業。

講師はやすみさん。

このクロモジの枝を切って、葉はハーブオイルに、枝はお茶用にと分けます。

c0008801_18090159.jpg
みんなでやると早い、早い。

サクサクと作業が進みます。

葉の方は、これから、3時間以上かかって、ハーブオイルと、フローラルウォーターを抽出していくそうです。

c0008801_18110750.jpg

1回でもオイルはほんの少ししか取れないのだとか。

高いはずですねえ。

そしてこれを待つ間に、今度は、かな先生と、やすみさんが活動するRin enのアクセサリー作りを伝授してくれます。

クロモジの木に、コテで絵を描いて、イヤリングや、ヘアゴムに。

c0008801_18142266.jpg
作成中♪

ものづくり中は、みんなシーン。

熱心に、無言で製作。

c0008801_18161412.jpg


こちらは、Rin*enさんの作品。


c0008801_18173650.jpg


c0008801_18183079.jpg

Nさんの作品。

なんか嬉しいなあ。。お土産その1です。

みなさん、それぞれ、とても素敵なのが完成しました!







 




[PR]
by flct | 2017-06-06 18:13 | 教室 | Comments(0)