「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日々徒然。

今日は、木工作家の山本美文さん宅をお昼どきに訪問いたしました。
東幸西という西大寺から少しいったところにあるご自宅は、
静かで、のどかでいいところ。
それぞれが一品持ち寄って、山本さんの器でお昼ごはんをいただきます。
なんて贅沢。
写真でおみせできないのが、非常に残念。
山本さんご自身の工房で、山本さん作のテーブルで、箸から取り皿から
すべておしゃれでした。
工房はすっきりと片付いていて、工具やそれぞれの物が、あるべき場所に
落ち着いていて、とてもいい感じ。
言葉足らずで、うまく形容できないのが申し分けないんだけど、ほんとに穏やかな、
素敵な時間が持てました。

その後は、恒例のフェリシテミーティング。
もう何度重ねてきたかわからないほど、ミーティングの数を重ねてきています。
(ちゃんとミーティングになってる?って?)
そう、ほんとに家族みたいなものなので、いろんな話をします。
話し合うってことはとても大切。
けれど、ちゃんと理解しあえてる者同士ではないと、話し合いが
成立しないのではとここ最近考えます。
それこそ、楽しかったり、笑ったり、怒ったりといろんなパターンのミーティングを
してきたけれど、だからこそ、理解しあえているんだなとつくづく感じます。
もうすぐフェリシテは5周年。
わたしたちスタッフの関係ももう5年かぁ。
[PR]
by flct | 2005-04-25 22:53 | 日々徒然 | Comments(1)

いろいろと

長いことさぼってしまいました。

春晴和展にお越しいただいた方々、ほんとうにありがとうございました。
ほんとに、5日間気持ちいいくらいの良いお天気に恵まれ、スタッフ一同、
楽しく日々働けました。
日ごろ小さな店で小さくなってるため、(オーナーごめんなさい、あ、私はちっちゃくない?大きい?)国吉ではのびのびと動けました。
昨年も国吉でイベントをさせていただいた時も感じたのですが、少し日常から離れ、旅へ出ている感覚。他のことが考えられないくらい集中してしまうため、疲れもあるけれど、喜びや楽しみも
大きいのです。客観的に自分の店をみれたりもする。
そしてもちろん、旅から家へ戻るように、禁酒に帰るわけだけれど、この日常がまたやっぱり心地いい。ここは私のいる場所。またいつものように、向かいの店の珈琲の香りがし、いつものように教室の生徒さんとたわいもないおしゃべりが始まる。
だけどまったく同じ日常ではなくて、たぶん少しだけ成長した自分もいる。
国吉で新しく出会ったお客さんが禁酒会館を訪れてくれる。
そして5日間、濃い時間を一緒にすごした仲間が、離れがたくて、
店に集まって、以前とはまた違った想いを持ちながら、それぞれ
次の新しいことへ向けて進みだす。

あこさん、じゅんちゃん、ゆきん、ありがとう。
またやりたいね。
[PR]
by flct | 2005-04-23 21:15 | 日々徒然 | Comments(2)