「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おしゃれのクラス「旅を楽しむワードローブ」

昨年夏に第1回目が開かれました。
好評につき第2弾。

2007,2/4(sun,) 18:30〜
2,000yen with 1drink
c0008801_172377.jpg
「旅」のワードローブを基本に、春からのワードローブの揃え方を考えてきます。
旅の行き先は、南の島「ハワイ」とおしゃれ都市「パリ、ミラノ、東京」。
この幅を着まわせるワードローブがあれば、どんな日常でも対応できるはず。
着こなしのベースになるアイテムと、おしゃれ気分を盛り上げる個性アイテムの組み合わせ。その選び方とは?
*当日はハワイで仕入れてきたバッグやキャミソールなどのミニマーケットを開催。

太田佐枝
1967年生まれ。O型。学習院大学文学部心理学学科卒業後、
米国マサチューセッツ州ウィートンカレッジに留学。
卒業後帰国、雑誌「ヴァンテーヌ」(アシェット婦人画報社)
「フィガロジャポン」(阪急コミュニケーションズ)などの編集を経て、
現在は「グラッツィア」(講談社)で連載「とよた真帆のインテリアライフ」
を担当するほか、「旅」(新潮社)で、海外の各地を旅して記事を書くなど、
ファッション、インテリア、旅行まで、幅広くフリーエディターとして活動。
一方、バッチフラワーエッセンス・プラクティショナーとしての資格をもち、
個人セッションを行ったり、講師としてクラスをもつなど、
ナチュラルヒーリングをライフワークとしている。
プライベートでは、サーフィンと自然をこよなく愛し、オフの日は海の側で暮らし、
年に3回はハワイに行くことを目標にしている

c0008801_1731194.jpg
[PR]
by flct | 2007-01-31 17:03 | 教室 | Comments(0)

音楽な1日とゆきんこ硝子

1/27(土)は、フェリシテノート初の音楽イベントでした。
5時間もあるし、ゆったりと楽しめるかなと思っていたのに、
なんだかあっと言う間に終わってしまいました。
充実したいい時間というのは、そういうものかもしれませんね。

c0008801_16364644.jpg
まずは、われらが、寂尊先生のツベルクリン楽団。
以前の相棒も、師匠も応援に来てくれましたよ。
昼なのにオールナイトニッポン。
フェリシテノートでまさか公開放送が行われるとは。
いきなり大笑いで始まりました。

続いて、神戸からのnabowaの心地いい音楽。
といってもライウ゛なので、なかなかの迫力です。
ヴァイオリンにジャンべが響いて、すごく素敵。
やってる方々がほんとに楽しそうなので、聞いていて幸せな気分になります。

飛飛機械(ピュンピュンマシーン)さんのDJ。
その間、ひとみちゃんのスープにワインをゆったり楽しむお客さん。
いいなあ、いいなあ。
すごい方なので、どこかで聞き付けて現れた方も。
でもとっても気さくな方でした。
すごい方は、いつでも謙虚です。

mi*juさんの時間。
mi*juの作った曲を前日にレコーディングして、この日。
しっとりと、愛のある音楽。
いつ聞いても幸せな気分になれる「君は愛されるために生まれた」は、
カラーズの応援もあって、やっぱり感動しました。

1階では、ゆきんこ1日硝子展。
作品が変わっていってます。
引き続き、ゆきんこ硝子、扱うことになりました。
また見にいらしてくださいね。
c0008801_16494288.jpg

そんな感じで、素敵な1日となりました。
参加していただいた皆様、本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by flct | 2007-01-31 16:52 | 日々徒然 | Comments(0)

音楽のある1日「体音」

初めて、音楽のイベントを行うことになりました〜♪
ゴスペルの先生でもある、宮木さんの主催で、
神戸や京都から、素敵な音楽がやってきます。
ゆるりと、フェリシテノートで楽しんでください。
ワークショップなどもありますよ。

「体音」
音楽のある1日って宝だと思う
美味しいご飯と心地よいお酒
ホッと珈琲
楽しい仲間
岡山と神戸にてのんびりのんびり
気付いたらそこに宝が・・

c0008801_18215686.jpg

◆◆1月27日(土)14:00〜19:00◆◆

@フェリシテノート+akizu(岡山)
\2,000− with 1D

=音楽隊=
■Naboa
 京都の路上を拠点に活動を続ける四人組インストゥルメンタ
 ルバンド。ジェンベ・ギター・ヴァイオリン・ベースが
 紡ぐ楽曲はダブ・レゲエ・ポストロック・アンビエント・
 現代音楽等々、様々な要素を取り込み,聴き手をまだ見ぬ
 未墾の地へと誘い出す。
 毎回異なるアレンジを見せる意外性と実力を兼ね備えた
 ライブは必見。
 http://www.nabowa.com

■下村真一 (飛飛機械)
 Silent Poets、LITTLE TEMPOをはじめ国内外の
 サウンドクリエーター達が愛用し、今や世界を駆け巡る
 京都発アナログサイレンマシーン、五感以上で感じられる
 強烈な宇宙観と評される「飛飛機械」、
 各方面のエンジニアから絶大な支持を受け、製作過程
 のモニターとして使用される「飛飛拡音器」の製作者である。
 楽器屋さんかエフェクター屋さんかアーティストか
 音響屋さんか…カテゴライズ出来ない 音楽好き!
 そして、セレクターとしても活躍中。

■近藤忠 K N D
 978年京都生まれ、サウンドプロデューサー。
 1999年に(HOSと)EUTROを結成、自身の主催するイベント
 communicate muteを軸に活動を始める。
 イベントを通じて国内外の先鋭的なDJやアーティストと
 共演、交流を持つ。
 2000年、「ワールドフェイマス・ファイナル」に出演。
 (リキッドルーム・東京)
 ジャンルを越えた様々なアーティストらとの制作や
 セッションを行う中、この頃から元ダムタイプのダンサー、
 ピーター・ゴライトリーとの即興パフォーマンスを重ねて
いく。
 オーストリアデザイン展レセプションの企画・演出。
 光ファイバーとアクリル板を使った音に反応する
 ライティング・インスタレーションを考案。
 (京都国立近代美術館)
 KENSEI、井上薫、GoRo(民族楽器など)らと屋久島での
 フィールドレコーディングを通じ制作したCD+DVD作品
 「elements」を発表、旅の共有体験に基づく斬新な制作
 スタイルとオリジナルなサウンド/ビジュアルがストリート
 から反響を呼ぶ。以来Final Dropとしてライブ公演も行っている。
 現在、Final DropのライブDVD、EUTROのアルバム制作、
 水をテーマに京都の音風景を辿るプロジェクトなどを
 進行させながら、ソロパフォーマンスや周辺バンドの
 ミックスエンジニアとしても精力的に活動している。

■mi*ju=okametic!
 1976年岡山生まれ
 歌と踊りに溢れて育つ。
 中学生の時にゴスペルを歌うおばちゃんに出会い感動!
 以来、歌い続ける。
 教会での音楽活動と平行しクラブでのパフォーマンスを
 重ねる。
 2000年にゴスペルクワイヤーを結成。
 学びつつディレクターを務める。
 現在は会社勤めのかたわらクワイヤーの講師をし、
 個人的には「居間」をテーマにLifeなLiveを展開。
 Life=命・生活・生きるの中に歌と踊りを! 
 が願い。

■ツベルクリン楽団
 別名、瀬戸内寂尊。(ほくそ笑み健康法の先生です)
 笑えます、思いきり。

=Food&Drink=
 □alimnaのスープとパン
  前回、フェリシテノートのイベント「だるま祭り」
  で感動モノのスープを出してくれていたalimnaさん今回も期待!
  ホ〜ッとあったまること間違いなしです!
 □CHIC STOCKのワイン
  美味しいワインがあるといいよね〜
  と言うことで、CHICK STOCKさんが参加!
 □フェリシテノート
  は、珈琲・紅茶・ビールなど用意しています。

=お店=
 ●akizu
  時間の流れが違うこの空間ずっと楽しめます。
 ●ゆきんこガラス
  ガラス職人の友達ゆきんこが来てくれます。
  「くびたま(ペンダント)」は新作・神色どんどん来てます
  現在は京都在住。

お問い合わせ 086-255-0102
[PR]
by flct | 2007-01-19 18:08 | 教室 | Comments(2)

おいしい教室

c0008801_20121410.jpg
今日は、フェリシテ茶道部。
ひさびさに、係長が、はりきって現れました。
今回はやはり、お正月というテーマです。
わたしも昔、お茶を習っていたころ、毎年初釜というお茶事が
年始に開かれ、行っていたものです。
緊張感もあり、でも、懐石の食べ方、お茶の飲み方、
知っていると日常生活にも役立つことばかりで、
貴重な経験でした。

まずは、やはり、お正月、おめでたい日は、お酒を。
さすが、係長の心遣い、にくいですね。
今日の主菓子は、毎年初釜でも出される、はなびら餅。
お干菓子は、猪と、椿の取り合わせでした。
初めての方も、ちょっと緊張ぎみに参加されていましたが、
この緊張感もお茶のいいところ。
だんだんおしゃべりで和んでましたけどね。
お道具も、楽しませていただきました。



先週は、「フロマージュでバーチャルフランスへ」
こちらも参加してみました。
ボジョレーに合う、チーズ4種。
うまっ!はまります。
白ワインをあまり飲まない私ですが、(しかもボジョレーもあまり)
Macon Village(マコンビラージュ、スペルに自信がありません)
いけました。
やはり、食べるっていいな、幸せ。
という事で、皆さんも、おいしい教室参加してみてくださいませ、
かなり、オススメです♪

c0008801_20131574.jpg
[PR]
by flct | 2007-01-13 20:07 | 教室 | Comments(0)

オリガミ

1枚の紙だけを使い、切り込みを入れることなく作品を
創りあげる
「不切正方形1枚折り」
このストイックかつアダルトな手法の折り紙を
皆さんで楽しんでみませんか?
特製の折り紙用紙を用意してみなさんの参加をお待ちしています。

*年初めに、イノシシの折り紙がフェリシテに届きました。
教室では何をつくるのやら?楽しみですね。

1/20(土)18:30〜(60分)
1,500円チーズケーキ付

c0008801_1842476.jpg
[PR]
by flct | 2007-01-12 18:39 | 教室 | Comments(0)

フロマージュでバーチャルフランスへ

ひとつの村にひとつのチーズ、と言われる位フランス人にとっては
とてもなじみの深いチーズ。
この講座では、毎回地方を決めて、その土地の歴史や個性を
学びながら、直輸入のフレッシュな食べごろのチーズを
お楽しみいただけます。

せっかくだから、食事時のフランス語での簡単な会話も覚えながら・・。
3回終わるころには、気分はきっとフランセーズ!

*チーズ屋さん、フロマジュリーピノの中野さん。
おいしーいお話が聞けますよ。

1/10(wed)〜毎月第2水曜日19:00(90分)
9000円(3ヶ月払い)/ 3300円(1回)
c0008801_1259328.jpg

[PR]
by flct | 2007-01-06 16:51 | 教室 | Comments(0)