「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

holoholo booklet-袖をとおす、もう一度-

c0008801_23502697.jpg








fashion再生研究会、は、pieni..の教室のひとつ。
草加さんのリメイクの教室。
前よりもっと素敵に、が目的。

ついこの前、誕生したリトルプレス、
holoholo booklet 〔ホロホロブックレット〕 は、個人レーベルの小冊子。
1号1テーマのスタイルで、ぽちぽち発行してゆく予定だそう。
この記念すべき第1号が、草加さんと、この教室。
「袖をとおす、もう一度」

再生された服たち、おなじみのコサージュの作り方、
神戸での展覧会のようすなどが、載せられていて、
草加さんの伝えたい世界がそこにあります。

holoholoは、「ぶらぶらさんぽする」というハワイの言葉。
のんびり歩くからこそ、見えてくる景色や気づくことって案外多いものです。
ささいなことでも、そんな発見の一つひとつを大切にしたいという思いから、
始めたそうです。
そんな、思いをさらにこちらで。

holoholo booklet ブログ http://holoholobl.exblog.jp/

『袖をとおす、もう一度。』
holoholo booklet
¥250

[PR]
by flct | 2008-07-31 23:35 | もの | Comments(0)

un, deux,trois...

c0008801_0201446.jpg






始まった、バレエレッスン。
なんだかなあ、私にはちょっと・・と思いつつ始めてしまっている。
いやいや、子供のころから憧れだった、という方はたくさんいるけど、
私の場合はどうも、違う。
恥ずかしいし、バレエって柄でもないし、あまりに違いすぎる・・世界なのです。
ほら、これ見て、え?ヒデミさんバレエやってるの?
って笑ってる方いるでしょー?

と言いつつも、かなり、一生懸命やってます。
これ、絶対、体にいいです。
かなり気持ちいいです。
けれど、どこか、笑えてしまい、先生も大笑い。(ま、これがピエニ。)

乙女になれる気がしてきます。
プリエ、ターンジュ、ルルベ・・とバレエ用語もか、かわいい♪
まだ迷う私をよそに、ほかの生徒さんははりきって、
バレエグッズ購入。

でもしばらくして、多少は形にしたいもの。
がんばってみます。

先生は美しいし、きちんと教えてくれますよ。
体を動かしたいアナタ、憧れてたアナタ、ほらほら!

[PR]
by flct | 2008-07-26 00:21 | 教室 | Comments(5)

頭の中の写真箱

c0008801_2142934.jpg





「写真は誰でも撮れる」私の持論です。
「えー?でもやっぱり上手に撮ろうと思ったら高価な機材や専門の技術と知識が必要でしょ?」
確かにそれらがあればキレイに撮れるでしょう。でもその「キレイ」はあなたが望んだ「キレイ」でしたか?あなたではなく、カメラが撮った「キレイ」だったりしませんか?
どんな凄いツールでも、やっぱりそれを扱う人間そのもの次第なのです。
コンパクトカメラだって、写ルンですだって、携帯だっていいじゃない。
必要なのはイメージとコミュニケーション。
あなたは何を見て何を思ったのだろう?
何をどんな風に撮りたかったんだろう?
その想いをどうやって写真に焼き付けよう?
撮った写真からその想いが伝わってきたら、それって素敵なことじゃない?
ただ目に入った「キレイ」に振り回されて受身でカメラ任せに撮るんじゃなくて、ほんの少し頭の中で想いをイメージしてから撮ってみよう。たったそれだけの事でもきっと写真は変わる。そんな「伝える写真」にこだわった、どこにもない写真部作りました。
ちょっと変わった切口で、写真を使った「お喋り」。上手い下手じゃなくて、いろんな人の想いが見える写真を集めて最終的に小さな写真展を開こうと思ってます。
あ、申し遅れました、ワタクシ「部長代理」です。
ちなみに「部長」は誰か、いるのかいないのかも知りません。ちょっとだけ経験を生かして相談に乗れたら、と思ってます。

部活動
●活動費 1,500円
●第4土曜日19:00〜

*盛り上がってる部活のひとつ。
毎回出される課題も、え?って驚かされる。
楽しい驚きをぜひ一度、ご体験あれ。

[PR]
by flct | 2008-07-24 11:19 | 教室 | Comments(2)

Heidi

c0008801_11185724.jpg
こんな風景、みつけました。
草原のハイジのイメージ。(わたしもハイディ、英語名です)
イイナア。

[PR]
by flct | 2008-07-23 11:20 | 日々徒然 | Comments(0)

今日もまた

pieni..では、いつも違う毎日。
飽きることがありません。

リコーダー教室。
今日は、Davidも参加して、かなり盛り上がってます。

その傍ら、pieni..での新しい企画の打ち合わせ。
やった♪ひとつやりたかったことが実現。

静岡から訪れた素敵なカップル。なにかやってる人っぽい。
岡山、気に入ってくれたみたい、「また来ます」って言ってた。
またお会いしたいです、ぜひ。

岡山に帰省した友人。
近況を話す。いいね、やっぱりたまに会わないと。
いろいろと変化しそうだねー。

長く教室をしてくれている、ある先生と、久々に深くお話。
その先生もコツコツと地道に、やりたい事をひとつづつ実現しています。

みんなも飽きないように、常に私もステップアップしなくてはなりませんね。
pieni..も。


[PR]
by flct | 2008-07-19 23:23 | 日々徒然 | Comments(2)

夏の想い出

c0008801_15545225.jpgc0008801_15551431.jpg








今年もコロラドから、3人の大学生の男のコが夏休みを利用して、
岡山へやってきました。
ScottとJoeとDavid。
Farmで働いたり、pieni..で英語を教えてみたり、後楽園に行ったり、
日本国内を旅行してみたり。
彼等にはこの界隈がどう写るのでしょうね、気になります。

Scottは、日本文化がだーいすきな19歳・・にはみえないHugeな男子です、
2m位あります。着物、坐禅、寺、禅、侍などなど、全て興味を示します。
Joeは、サッカー好きな18歳。Scottほど、日本文化好きにはみえないけれど、
言葉を学ぶのが好きみたい。
性格は、日本人っぽいのです、控えめで気を使ってます。
Davidは、27歳。やっぱりふたりより落ち着いてますね。
積極的に日本語を喋ります。

Joeが、急に帰国することになり、帰る前日、吉備路へ、
連れていってきました。
吉備津神社、高松稲荷、国分寺へ。
悲しいかな、ちっとも説明のできない私。
岡山に住んでいるんだから、やはり、歴史は説明できなければ・・。
「岡山文化を英語で学ぶ」クラス、急きょ開催します、自分用・・(笑)

今回、ホームステイを受け入れてくれる方もいます。
英語を学べるということもひとつですが、
ご自身のお子さんが、海外へ行かれて、いろいろお世話になった分を
こういう形でお返ししたい、という気持ちもあるようです。
彼等も、なんでこんなに親切にしてくれるんだろう??と不思議に思うみたい
ですが、岡山でのこういう経験をまた次に生かしてほしいですね。
わたしも昔、そういえば、ホームステイ先や、現地の方にはたくさんの
親切をもらいました。忘れずにいたいもの。
今、していることは、確かに、相手のためでもあるかもしれないけれど、
自分にとっても、素晴らしい経験のひとつです。
知らない国の文化を知る事もできるし、改めて日本を知る事もできます。
そして、やっぱりしばらくでも一緒に過ごすと、家族みたいです。

Joeは、帰っていきました。
いい夏の想い出ができたことを願って。

そして、ScottとDavidはもうしばらくいます。
ちょっと遊んでみたいかた、ぜひ(笑)

[PR]
by flct | 2008-07-15 15:55 | 日々徒然 | Comments(0)

Bonne chance!

c0008801_21501918.jpg








今日で、Plau manis展は終了。
あーあ、なんだかサミシイ。
展示会中は、作家さんと、濃い時間を過ごします。
1週間ほどの時間、ほぼ毎日会ってるわけですから、
その間、いろんな話ができることが、私にとっての醍醐味。
もちろん作品のことを含め、濃い話から他愛もない話まで。
Shinobuさんは、いつもふわっとしたイメージで、
その印象どおりの女性らしさを持ちつつ、
前向きさと芯の強い部分がみえます。
今回は彼女にとって初めての個展。
正直いって、pieni..は自然すぎる接客(どちらかというと控えめかも)。
いいのかどうかはわかりませんが、
厳しさも、嬉しさも体験されたのではと思います。
でもこれからも続く、歩き始めた道、少しづついろんな事を経験しながら、
自身のスタイルを確立してほしいなと思います。
おつかれさまでした。

[PR]
by flct | 2008-07-13 21:50 | 日々徒然 | Comments(2)

alimna 旬の果物ジャム教室

c0008801_16245780.jpg




奉還町にジャムを中心とした加工品のお店をしています、”alimna”の西村です。
奉還町のフェリシテノート以来、ご近所のよしみで、教室を開いています。

さて、本来ならば、「生」で食べるのが最も美味しい果物を何故ジャムにするのでしょうか?それは、果物がとてもデリケートですぐに傷んでしまうから。それをより永く、より美味しく保つ工夫がジャムなのです。
ジャムといえば、苺かマーマレードだけかと思っていませんか?
果物であるならば、基本的に何でもジャムになります。
季節の果物を使って、自分好みのジャムを作ってみましょう。

●講師 西村瞳
●開講 第3水曜日19:00〜(120分)
●最低開講人数 3人〜5人
●受講料 ¥10,500(コース)/¥3,800(1回)※材料費込

※alimnaのジャムは、pieni..にも置かせてもらっています。
今のジャムは、ume-vert(梅)、Lemon(完熟レモンのマーマレード)、Abricot(杏)、
cerise(さくらんぼ)のジャムなど・・。うーたまらない♪

[PR]
by flct | 2008-07-12 13:08 | 教室 | Comments(0)

ピンぼけ写真2

c0008801_2155480.jpg







コチラが例のDMです。
日曜まで展示会やってまーす♪

[PR]
by flct | 2008-07-11 21:00 | 日々徒然 | Comments(0)

ピンぼけ写真

c0008801_2055876.jpg







展示会のDMを、先日、近くのカフェGに置いてもらおうと持参。
そりゃあもう、写真家の集まるカフェ。
マスターに「これ、どこにピントが来てるんですか〜?」とさんざん笑われたので、
「うちは、イメージ写真でいいんです!!」と強気で言い放ち、去った。
しかしながら、わりと気にしいの私は、次から、他のカフェに持っていく際、
「いやあ、ピントが来てないんですけどね、はは」と言われる前に、
自分で落とし、DM配り。
ああ、作家さんはこれでよかったんだろうかと、不安にもなり。
でも、作家さんもわたしと同じタイプだったのか(さすが!)、気にいってくれた。

そして昨日、なんと、そのカフェでDMを見たお客さんが、展示会を
見に来られたのである!!
もう勝ち誇って、Gのマスターに報告。
「結論;女子はやっぱり、写真がぼけていても、雰囲気なんです♪」
なーんて言いつつ、自信はいつもありませんが、
これからもやっぱり、ピンぼけ写真、直感写真は続く・・・??

[PR]
by flct | 2008-07-11 20:55 | 日々徒然 | Comments(2)