ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

馬の教室 2 明日!

c0008801_19350917.jpg
うっかりしてました、明日は、馬の教室2回目、講義です。
これからでも入れますし、1回目に来られてない方でも大丈夫です
3/3(金)19:30
2200円(お茶付き)
お申し込みは、086-231-6420



[PR]
# by flct | 2017-03-02 19:36 | 教室 | Comments(0)

「はんこけし展」開催中

c0008801_23054492.jpg

開催中。
こけしマトリョーシカ、手描きです。
すごい。。




[PR]
# by flct | 2017-03-01 23:06 | 展示会 | Comments(0)

和ハーブ教室 報告

c0008801_18370313.jpg
c0008801_18374219.jpg
c0008801_18363869.jpg
バスソルト作り、黒文字作り、楽しかった様子!
先生もこれまでの対象とは違った生徒さんで、とても勉強になったようです。
次は春の遠足♬

[PR]
# by flct | 2017-02-23 18:39 | 教室 | Comments(0)

はんこけし展 2/25-3/8

c0008801_21405735.jpg

「はんこけし」展
2/25-3/8
12:00-20:00(weekend) 13:00-20:00(weekday)
*月曜と、3/1はおやすみ
はんことこけしが大好きなありんこけしさんの個展。
版画、こけしのマトリョーシカ、はんことこけしにまつわる作品が並びます。

*はんこワークショップ
2/26、3/5は、ありんこけしさんの指導で、はんこが彫れます。
13:00-17:00 随時 1000円(材料費とお茶付き)



[PR]
# by flct | 2017-02-17 21:44 | 展示会 | Comments(0)

よそ者人類学者の新岡山論 ~「地味だけどディープなのはなぜ?」の巻~

岡山について話すこと、考えることってすっごく多いんです。

歴史を紐解くと、もっとわかるかな?知りたいな、ということで、今回の松村さんの登場。

話、面白いんです、本当に。

日々岡山で暮らす私たち、働く私たちに何かヒントがあるか、それはわかりませんが、考えてみることできっともう少し岡山について語れるようになる!


【よそ者人類学者の新岡山論
~「地味だけどディープなのはなぜ?」の巻~】

松村圭一郎

桃太郎は岡山のシンボルではない? 岡山がジーンズで有名なのはなぜ? どうして岡山に全国で4番目に大きい古墳があるの? 岡山は災害が少ないってホント?

 いま岡山に移り住む人が増えています。よそから来た人にとって、岡山は、いまいちイメージのわかない地味な土地だったはずです。でも、暮らしはじめてみると、独特な雰囲気があるし、不思議とディープなものがたくさんある。岡山には、地元の人があまり気づいていない「おもしろさ」があふれています。それは、いったいなぜなのでしょうか?

今回は、アフリカや中東などを研究してきた文化人類学者が、この「地味だけどディープ」な岡山の素顔に迫ります。みんなで岡山の「謎」について語り合いましょう。

プロフィール 松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)

 1975年、熊本生まれ。大学入学から15年間を京都で過ごしたあと、5年ほど東京の大学で教壇にたつ。2015年4月に岡山大学文学部に着任。アフリカでは、おもにエチオピアザンビアで農村の調査を行い、中東の湾岸地域でもエチオピア人出稼ぎ女性の研究を行う
。おもな著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)など。最近は岡山や瀬戸内地域に興味がわいて、各地を歩き回る。ミシマ社のWeb雑誌『みんなのミシマガジン』で「セトウチを行く」を連載中

2/28(火)19:30〜1600円(お茶とお菓子付)


[PR]
# by flct | 2017-02-15 20:38 | 教室 | Comments(0)

「2017=1」展開催中〜

c0008801_22563959.jpg
始まってます!
店内は、赤、赤、赤。
とはいえ、割と落ち着く、笑。
お客さんも赤を身につけて来てくださるので不思議。(ドレスコードはありません)
数秘の話なども聞きにいらしてくださいね。

明日、月曜はお休みです。


[PR]
# by flct | 2017-02-12 22:58 | 展示会 | Comments(0)

「数秘と硝子のアクセサリー展」2/11〜

c0008801_22384873.jpg
「数秘と硝子のアクセサリー展」2/11〜2/19

中野由紀子(硝子)・河本春美(アクセサリー)
数秘では、私たち一人一人に9年で移り変わる周期があり、それぞれの周期にそれぞれのテーマがあります。そして一人一人に周期があるように、この地球(宇宙)にも、周期があります。2017年は「1」というテーマで、この9年周期が始まる大切な年です。その「1」という数のエネルギーを数秘が大好きな2人が硝子とアクセサリーで表現します。「1」のエネルギー溢れるpieni..でお待ちしております。



[PR]
# by flct | 2017-02-07 22:39 | 展示会 | Comments(0)

白い月のしたく 展 Floatさん(香り

c0008801_13105810.jpg

Floatさん。

pieni..で初めてですが、大人気です。

今回のテーマに合わせて作ってくれた香りにも、深い意味が。

白い月のしたく original mist、人気です。
.
月に導かれ満月の時に採油率が
一番多いと言われる黒文字。
月明かりに照らさられた
優しさと寛容さを感じる香り。
Kuromoji Hydrosol を
100%キャリアのベースとして。
.
自分の真ん中を教えてくれる。
意志を固め、貫くことをサポート。
Atlas ceder
.
冬山の中でいち早く春をキャッチ。
2月~3月頃に蕾の中からぷちんと
弾け黄色く小さな花をたくさんつける
レモン調の爽やかな香り。
May Chang
.
リラックスしすぎず、
頑張りすぎず、
長く続けたい時の手助けに。
心臓の形に似た、
生命力あふれる種子の香り。
Cardamon
.
活力と鎮静、オンとオフ
その時の自分に合わせてちょうど
良いチャンネルに合わせてくれる。
日本人ならだれでも好きな香り。
Yuzu



Float

人工的に作った香りではなく、
自然の香りの恩恵を
脳で感じ、体で感じてもらう。
環境にも優しく、人にとっても安全なもの。
普段使いしやすく、日常に溶け込みやすい
プロダクトを提案することにより、
アロマテラピーが生活の中に根付いていけば
いいなと考えています。
花・葉・果皮・木・根などから抽出される精油を通して
自然のエネルギーと恩恵を受け取ることで
より良い、体のコンディションに自ずと気づくはず。
体のコンディションが良くなれば、もっと暮らしを楽しみたくなる。
おいしいものを食べたり、おしゃれをしたり、
花を飾る余裕も持てたらうれしい。
Floatのアイテムを通し、衣・食・住の全てが楽しくなる、

そんなきっかけ作りのひとつになれれば幸いです。

いつの間にか、心地よくて、なくてはならない、

そういったものになれればと思います。

▲ ページトップへ




[PR]
# by flct | 2017-02-04 13:17 | 展示会 | Comments(0)

日本の植物を日々の暮らしに、和ハーブ教室



c0008801_23091875.jpg

【日本の植物を日々の暮らしに、和ハーブ教室】

-クロモジ編-

ハーブといえば、西洋のものがポピュラーですが、
日本にも、古来より使われてきた和のハーブがたくさんあります。
ドラッグストアやコンビニへふらりと立ち寄るように、
ちょっとそこの裏庭へ、野原へ、田畑へ、山へゆき、
必要な植物から、日々の暮らしに必要なものを手作りする。
ほんの少し昔の里山では、あたりまえのことでした。
忘れ去られようとしている日本の知恵を
時にはそのままに、時には現代風に、
暮らしの中に取り入れてみませんか?

◆クロモジについて◆

クロモジは、日当たりの良い山際等に生える低木で、高級な爪楊枝の原材料として知られています。その柑橘系の香りにはリラックス効果があるとされ、入浴剤としても使われてきました。今回は、蒜山産の天然クロモジで、爪楊枝とバスソルト作りをします。教室のおわりには、自分で作った爪楊枝を使い、クロモジ茶と一緒に3時のおやつを食べましょう!

柴田 加奈

美作市出身。米国で野生生物保護管理学を学び、国内外各地で活動後、2011年より、岡山県北の生物調査、里山保全、環境学習などに携わる。里山の自然を利用することで、里山の生き物と共存してゆく、ほどよい暮らし方を模索中。和ハーブインストラクター。

2/19(日)13:00〜
2,500円(材料費・お茶とお菓子付)


[PR]
# by flct | 2017-02-02 23:03 | 教室 | Comments(0)

台灣熱 柒

c0008801_20254780.jpg
久々の台灣熱。

1月に2度目の台灣へ。

ますますはまっている感じです。

向こうへいる間、日本食恋しくなかったのに、帰ってきたら台灣のご飯は恋しい。。

さて、台湾は、南国。

いわば沖縄みたいな感じなので、みなさんがさむーい思いをされてた時、台湾は春の陽気でした♫

冬に行くのもなかなかオススメです。

かき氷も全然食べれます。今回は、美味しいものいっぱい食べたので、それもこれから触れていきたいな。





[PR]
# by flct | 2017-01-31 20:33 | 台灣 | Comments(0)