人気ブログランキング |
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

星になったたけたづくんの話

c0008801_167418.jpg


学園祭をちょっと休憩して、pieni deux blogに「frozen time」の展示風景
載せました。来れなかった方、ほんの一部ですが、お楽しみくださいね。

6月はあっという間に過ぎたけれど、濃い日々でした。
大部分は、加賀さんのなおかさんの写真展と公演やWS。
その直前に、同級生の男のコが、突然亡くなったのでした。
彼を知る友人以外には、なんとなく話せないまま、抱えたまま、
なおかさんの岡山の日々が始まりました。
ある夜二人で飲みに出たときに、ちょっとほろ酔いのいい気分になり、
自然にそのことが口からぽろり。
「そのニュース知ってる」となおかさん。
その男のコは、雑誌の編集長をしていたので、ちょっとしたニュースとなっていたのですが、まさか。
「彼は幸せな人生を送ったんだろうな、ってその時思ったよ。」
なぐさめではなくて、自然な言葉だったと思います。
なおかさんはそんな人。
その夜からすこしづつ私も楽になりました。

その男のコ、たけたづくんは、本当にカッコイイ男のコで、高校の時からみんな
彼のことが大好きで、働きだしても、好きなコトやってて、仕事で海外にもバンバン行ってた。
どうやら、最近の彼のまわりの人もみんな彼を慕ってて、愛すべき人だったみたい。
最近は何年も会ってなかったけど、いつか、私今こんなことやってんだよ、なんて大人の会話をしたかったのにな。
彼がよくカラオケで歌ってた「雨上がりの夜空に」を思い出します。

暗い話題かなーと迷ったりしながら、ここには書きたかったのですが、暗い気分にしてしまったら、ごめんなさい。
彼は、死ぬなんてまさか思ってはいなかったと思うけど、間違いなく幸せだったと思うのです。
いつも楽しそうだった。
人の死を受け入れるっていつも難しいけど、進んでいくしかなくて。
だから時々思い出そうと思います、そう思わなくても思い出すけど。
そして、忘れがちになることだけど、一瞬を一瞬を、今を生きる、楽しむって本当に大切だなと思います。


by flct | 2011-07-01 16:08 | 日々徒然 | Comments(0)
<< いよいよ明日!pieni..学... pieni..の学園祭2011... >>