人気ブログランキング |
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

とおちゃんへ

1ケ月前くらいだったかな?呼び出されて、とおちゃんの行きつけのバーで説教されたよね、5時間?位かけて。
ほんっとになんで、アナタに説教うけなきゃなんないのよってそのお節介さに腹をたてつつ、言われたことは半分は納得のいく確かなことで、
その事をわざわざ時間つくってまで、おしえてくれた事は心から感謝してる。
だけど、頑固で負けず嫌いな私、
みててよ、残り半分の納得いかないことは、
ちゃんと行動で示してみせるからって思ってた。
なによ、まだ証明できてないじゃん。
ちゃんとみてくれなきゃ困る、責任でしょ。
まあでも仕方ないから、空からみててよね。
必ずほらねって言えるようになるから。

かわいい、愛しいあなたの妻と娘達、わたしらみんなで、守ってくから。
でもほんとは助けられたり、おしえられることの方が
多かったりしてね。
まきんは静かにまっすぐで前向きで、なまいきだけど優しくて繊細なもも、
人見知りだけど、静かにまっすぐ、まきんによく似たとこのあるさえ。
もうすでに家族みたいなもんだよね。

とおちゃんみたいにお節介に、相手の事考えて、どこにでも入り込んでく人、
あんまりいない。そこまで深入りしない人がほとんど。
さんざんけなされるのも、もうって怒ってたけど、なくなるのは寂しいや。
あれも愛情だったね。
そんなとおちゃんがいなくなったら、なんだかとても大切なこと、
忘れてしまいそうでこわいけど、努力したい。
その存在感は誰の心にも残ってくよ。
いつだって、禁酒に現れそうだもん。
わたしもこれから、そんな深い愛情をもって誰とでも接していけるようになりたいと思うよ。

とおちゃんがいなくなって、もうとおちゃんと軽口すらたたけないと
わかったとき、ほんとに瞬間を大切に生きることの大切さをしったよ。
大切な人を日々大切にすることも。
いろいろと、ありがとう。
最後に、あの説教の夜、「ひでみんはいい女」って言ってくれたの、
すっごい嬉しかった。
単なるオトコ友達で、そんな風に思ってくれてるとは夢にも思わなかった。
by flct | 2005-05-26 00:07 | 日々徒然 | Comments(0)
<< 大切にしたいもの 第3回 犬展 >>