人気ブログランキング |
ブログトップ

pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

felicite.exblog.jp

vacance その1 (アルザスとアルザスの人たち編)

c0008801_2050381.jpg


最近告知も多くて、なかなか日々のことが書けていませんでしたが、今日はちょっと前の

ことですが、思い出して書こうかなと思います。

7月に久しぶりに、フランスへ行ってきました。

海外も久しぶりになると、えいっと気合いが必要ですね。しかしながら、いい緊張感があるのと、

海外で得るものは大きいので、常に外へ向いていたいと思います。

c0008801_2051495.jpg

今回は、ちょっとパリを離れてどこかへ行きたいなと思いまして、アルザス地方の

Jacqueのところへお邪魔しました。

ストラスブールからTGVで、少し南のコルマール、そこから車で30分くらいだったかな、

のラプトワがJacqueと奥さんNataliaが住む小さな村。

途中車で走っている間の景色はすべて、ワイン畑!!

そう、アルザスワインも有名です。

c0008801_20525542.jpg

お昼頃のJacqueのピックアップで、着いてすぐ、ワインとランチを出してくれました。

Nataliaの料理はめちゃ美味しい。

滞在中いただいた中の、これ! フォアグラも詰めてましたー。jacqueがさばいてます。

c0008801_2054067.jpg


c0008801_2055589.jpg


この辺りは、たくさんの小さな村が集まっています。そして、カイゼルスベルグは、観光地として有名。

名前がすでにドイツっぽい。残念ながら雨ですが、とっても綺麗です。

こうのとりが有名らしく、コウノトリグッズが多かった...イマイチいけてないけど(笑)

c0008801_2059321.jpg

NataliaとLiza(長期で滞在中)二人ともロシアの人。すごい愛があります。

Jacqueがお仕事だったんので、二人が連れてまわってくれました。

この二人がロシアなので、日本語、英語、フランス語が飛び交う時間、楽しかったなー。 

Jacqueは、日本が大好き。お家には、日本のものがいっぱい。

日本食も大好きだけど、今回はこちらに合わせて、フランスの食事をと、出してくれました。

日本が好きだから、こちらにも興味を持ってもらえるわけだから、いろいろとお互いに

説明したりで、より深く、知ることもできます。

・・書いていると、簡単には終わらないことがわかったので、続きはまた今度・・・。

by flct | 2014-08-27 21:19 | france | Comments(0)
<< 「タイのおみやげ展」日曜まで ペルフムムの香水教室 8/31... >>